スタッフブログ

2013年4月12日 金曜日

歯周病について

こんにちわ★

今日は歯周病について少しお話したいと思います。
「自分は歯周病とは無関係だから大丈夫!」と思っているそこのあなたも要注意!

実は・・日本人の半数以上の方が歯周病になっていると言われています!
インターネットなどで調べると、80パーセント以上の方が歯周病と書いてある記事もありますね。

この歯周病、実は「全世界で最も患者が多い病気」としてなんとギネスブックに掲載されてしまったのです。
なんとも不名誉な勲章ですね。。。

でもそのくらい身近な病気なんです。

歯周病とは・・・
歯の周りにある歯周組織が歯周病菌に感染することで、

・歯茎(歯肉)が腫れたり
・歯茎から出血したり、
・最終的には歯が抜けてしまう病気の事を言います。



歯周病菌は、歯垢(プラーク)に含まれています。
歯周病は、自覚症状がないのですが、初期の段階では歯を磨く時に血がでるようになったり、歯茎に違和感を覚えたりするようになります。
この段階では、誰もが歯周病だと気づきません。
更に進行すると歯がグラグラしてくるのですが、この段階では手遅れになっていることも多いです。

レントゲン写真を見ると良く分かりますが、一番下の歯周病の写真は骨がどんどん溶けていって見た目でも歯が長くなってしまっているのが分かります。
この状態だと歯がグラグラして最終的に歯が抜けてしまいます。

この通りに、「歯周病は気づかないうちに進行し、気づいた時にはすでに時遅し」となります・・。

なので、毎日の正しい歯磨きももちろんですが、歯磨きでは落としきれない歯石を歯医者さんで定期的に除去しましょう!





投稿者 カトレヤプラザ歯科 スタッフ