スタッフブログ

2013年8月 3日 土曜日

歯の詰め物が原因?金属アレルギーの原因とは

毒性金属があなたの身体を蝕んでいるかも。。。?

歯科金属アレルギーって何?
花粉やダニ、ペット、食物など数多くのアレルギー源がありますが、金属アレル
ギーは、金属の成分が体に触れることで皮膚が炎症を起こすものです。時計や
ピアスなどのアクセサリーなどが皮膚にかゆみや湿疹を引き起こす症状が広く
知られていますが、歯科治療で使われる金属によっても同じような症状が起こ
る場合があります。これが歯科金属アレルギーです。

【アレルギーをおこしやすい歯科金属】
・ニッケル・パラジウム
・コバルト
・水銀歯の詰め物が原因、金属アレルギーになる可能性があります。

症状は?
口腔金属アレルギーの症状は、かゆみや湿疹の他、口内炎、口唇炎、口角炎、
舌炎、口腔扁平苔癬(へんぺいたいせん)味覚異常、接触性皮膚炎、掌蹠膿疱
症(しょうせきのうほうしょう)、頭痛、肩こりなどさまざま。アレルゲンが血流によ
って全身に運ばれるため、口の中だけでなく、全身に症状が現れる可能性があ
るのです。口腔金属が原因だとは思わず、長年つらい症状に悩んでいる人もい
るようです。

お口の中で電流が発生!
そして歯に詰められた不適合金属によって発生する口腔内電流(ガルバニー電
流)は、不眠、イライラ、頭痛、肩こりなどを引き起こし、自律神経のバランスを
崩します。脳は微弱な電流によって体をコントロールしています。人の体は電流
の影響を受けやすく、しかも口の中は脳に近いので、ガルバニック電流のせい
で脳からの指令が混乱してしまいます。飛行機の離着陸時に、誤作動が起こさ
ないように携帯電話やパソコン等の電気製品のスイッチを切るように、口腔内の
電流の発生源も対処すべきです。

対処方法は?
歯科材料の金属によりアレルギーを引き起こした場合、対処方法は金属をお口
の中から全て取り除く事。具体的には詰め物・被せ物・入れ歯などを、金属を使
わないの材料(セラミックやプラスチック)への交換治療をおこないます。

<金属を使わない被せ物・義歯>
オールセラミック
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用した被せ物です。内部に金属を一切使
用していないため、歯を自然な色合いにしていきます。長く使用しても変色する
こともありません。歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが
見えないといった特徴もあります。近年では人工ダイアモンドである「ジルコニ
ア」を使用した高い強度を持ったオールセラミックが注目されています。

ノンクラスプデンチャー(FRS)
金属のバネ(クラスプ)を使わず、装着していても人目につきません。また、弾
性と強度があるので、装着感が少なく、壊れにくいといった特徴もあります。
ほかにも、材質のつなぎ目がほとんどないため、お掃除がしやすく衛生的とい
った点があげられます。


もしあなたの身体が原因不明のアレルギー症状を起こしていたとしたら、原因
はお口の中かもしれません!

気になる方は小さな事でも当院へご相談下さい♪










投稿者 カトレヤプラザ歯科 スタッフ