スタッフブログ

2016年11月 5日 土曜日

冷たい風と知覚過敏

ハロウィンも終わり、急に寒くなりました。
街中も冬のイルミネーションが増えて一気に年末ムードですね。
最近はマスクをしたり、咳をする方も増えてきたように思います。
冷たい風も吹いてきて一層寒さを感じます。

寒い日や冷たい風が吹いたときに、歯がしみるように感じることはありませんか?

知覚過敏という言葉はTVCMなどでよく耳にしますよね。
冷たいものを口にしたときに、キーンとするような症状です。
それは冷たい風でも起こります。

知覚過敏とは、歯の知覚が過敏になっている状態で言葉そのままです。
どうしたら治るのか?と言われると、簡単に3段階があります。

1.お薬でコーティング

2.セメントまたはプラスチックでコーティング

3.神経を除去する 数字が上がるにつれ症状も悪化している状態です。

軽度の場合ですと、まずは「シュミテクト」という歯磨き粉をオススメします。
この歯磨き粉には「硝酸カリウム」という知覚の過敏状態をおさえる成分が入っています。
使い続けることで症状が落ち着いてくると言われています。
一般的なドラッグストアにも売っているので手を出しやすいかと思います。
(※決して回し者ではありません)

知覚過敏かも?と思っても虫歯だったということもありますので、違和感を感じましたら来院して頂いくことをオススメします!

投稿者 カトレヤプラザ歯科 スタッフ