HOME > 入れ歯

義歯

歯を失った際の対処法

歯を失ったままでは、体に良くないです。
身体に異常をきたす前にしっかり、歯を入れましょう。歯を失ってしまった際に、歯の代わりになるものが3つあります。

1ブリッジ
1ブリッジのイメージ

ブリッジは、抜けている歯の両隣の歯を削って土台にして、歯が抜けた部分を補う治療方法です。歯が抜けてしまった場合のもっともポピュラーな治療方法です。ブリッジは、両隣の歯に特殊な接着材で固定するので、自然な噛み心地になります。
また、手術を行う必要がなく、両隣の歯が丈夫であれば治療ができます。
しかし、健康な歯を削って、ブリッジを装着しなくてはならないことがデメリットです。歯磨きの仕方も難しくなりますので、歯垢も溜まりやすく、頻繁に歯医者さんに行ってメンテナンスをする必要性があります。

ブリッジ素材について
2インプラント

一番自分の歯に近い治療になります。

詳細はこちらをクリックして下さい
3入れ歯
3入れ歯のイメージ

入れ歯は、合わないもの、毎日のケアが大変、おいしくご飯を食べられないなど、ネガティブなイメージがある方が多いと思います。しかし、インプラントやブリッジは残っている歯の状態や歯を支える骨の状態によっては、治療が受けられないことがあります。
そんな時、使用するのが入れ歯です。もちろん、丈夫な骨や歯を持っていても入れ歯を選択される方はいらっしゃいます。入れ歯は高齢な方だけではなく、老若男女どんな方でも使えます。

入れ歯のメリット・デメリット

笑った時に金属見られるのは嫌だけど、インプラント手術も怖い そんな方には、入れ歯がお勧めです。

当院で扱っている入れ歯の種類

金属床義歯

あごにあたる部分を金属で作った入れ歯です。保険適用のピンク色の樹脂の入れ歯に比べ強度もあり、薄いので顎にぴったりとフィットします。発音も食事もスムーズにできます。

フレキシブルデンチャー(FRS)

お口を開けても金属が見えないので、入れ歯をしていることが周りの方に気付かれてしまうことはまずありません。薄くて軽く、金属を使っていないので金属アレルギーの方もお使いいただけます。
しかし、表面が傷つきやすく着色しやすいのが難点です。

当院は、患者様のご希望とお口の状態を見て適切な入れ歯をお作りいたします。
お気軽に無料カウンセリングに来てくださいね。

入れ歯の費用